■電動自転車とは
 電動自転車とは、発信時や登り坂などでペダルを踏み込む際に、電動機(モーター)により人力を補助する自転車のことで「電動アシスト自転車」と言われます。 「電動アシスト自転車」というのは、人力に付加(アシスト)して電動で動かすという意味です。 「ペダルを漕がずに乗れる自転車(漕がなくても動く)」は「フルアシスト自転車」と言われ、道路交通法上、「原動機付自転車」すなわち「原付」となりますので、公道を走るには、各種保安部品を装備した上、ヘルメットを被り、ナンバーを取得し、自賠責保険へ加入するなど、「原付」と同じ扱いが必要になります。もちろん原付免許が無ければ公道(一般道)を走ることはできません。
 また、自転車とはみなされないので、自転車防犯登録も受けることが出来ません。 「電動アシスト自転車」は時速24km以上では補助率は0%になるように設計されています。 これは、法律で、電動アシスト走行による最高時速は24Km/hまでと決められているためです。(もちろん、普通の自転車と同様に自力ペダル走行により24Km/h以上のスピードを出すことは可能です。) もちろん、電動自転車として売られている自転車でも「アシストモード」と「フル電動モード」を切り替えられるものがありますが、警察に言わせると、「フル電動モード」を使える自転車は、「原付」扱いになるようです。 最近は自転車の取り締りが厳しくなっているようですので、気をつけましょう。
■電動自転車の使い方
 電動自転車は、主に、遠距離を走る人や、通勤・通学などに利用されているようで、最近では安いもので3万円程度で手に入ります。  車での通勤を考えている人が、代わりに電動自転車を利用したり、いつも満員の通勤電車に乗っている人が、(普通の自転車では距離的に遠い)職場まで電動自転車を利用し、快適な通勤ライフを送っている、などという例もあるようです。 電動自転車は、モーターとバッテリーの重量で通常の自転車より10~15kg前後重くなります。 そのため、エレベーターなどがないマンションなどで、自宅まで持って上がる、などの場合、軽量タイプを選んだ方がよいでしょう。
 また、通勤通学距離が長い場合には、バッテリーが長く持つ、電動走行距離の長いタイプを選ぶと良いでしょう。最近では、走行中にもバッテリーを充電できるタイプの自転車も登場しているようです。 電動自転車には、「電動アシスト自転車」(=電動でアシストするだけで、電動のみで走ることはできない)と「フル電動自転車」(=ペダルを漕がなくても走る)の2種類があります。 電動自転車を選ぶ際には、その自転車が「フル電動自転車」なのかどうかを注意しましょう。「フル電動自転車」は道路交通法上、「原動機付自転車」にあたり、免許なしでは公道で走行してはいけないことになっています。 「原動機付自転車」として使用する場合は、「ナンバープレートの交付」を受け、「自賠責保険に加入する」などの手続きを行ってください。 2005年には、電動スクーターが「フル電動自転車」であり、方向指示器などの装備が必要なものであると知りながら「自転車」として販売した業者が、大阪府警に詐欺罪で立件される、などの事件も起こっています。 また、電動自転車のメリットとしてはバイクのようなスピードやパワーは出ませんが、普通の自転車よりはラクラク運転できます。  しかし、スピードは法律で24キロ以下と決められているため、普通の自転車で必死にこいだ場合の最高速度よりも遅くなりますし(※自分でこいだ場合は、24キロ以上のスピードを出すことは可能です)、バッテリーを使う分、自転車の重量も重くなります。 電動自転車はメリット・デメリットがあるので、用途に応じて賢く使用しましょう。
■マウンテンバイクとは
 マウンテンバイクとは「MTB」とも呼ばれ、荒野、山岳地帯等での高速走行、急坂登降、段差越えなどを含む広範囲の乗用に対応して、軽量化並びに耐衝撃性、走行性能および乗車姿勢の自由度等の向上を図った構造の自転車のことです。
 1)悪路・荒地での安定のよいフラットハンドル
 2)サドルの調整幅が100MM以上と広く、軽量で衝撃に強い頑丈なフレーム
 3)泥づまりしにくく、制動力に優れたカンチレバー形キャリパブレーキ  4)車輪径の呼び24又は26で、幅の呼び1.5以上の太いブロックパターンタイヤ
 5)ワイドレンジのチェンジギヤ(一般に18段、21段、24段、27段)
 ((社)日本自転車協会の「マウンテンバイク等安全基準」より)
 また、外見はマウンテンバイクに似ていますが、荒れ地走行不可の車種は「MTB類形車」と呼ばれ、一般道以外の悪路や荒れ地の走行を禁じられ、安全上(社)日本自転車協会では識別するステッカーなどが貼られています。  「MTB類形車」は強度・耐久性・重量等の様々な性能面でマウンテンバイクとは比較にならない程劣り、使用されているコンポーネント等で容易に識別できると言われます。 一般に見かけるマウンテンバイクの多くは「MTB類形車」であると言われています。
■マウンテンバイクの楽しみ方
 マウンテンバイクをスポーツとして楽しむ人は増えており、国内での年間販売数も30~60万台。累計では500万台を越えているそうです。((社)日本自転車協会・調べ)
 マウンテンバイクは様々な楽しみ方ができます。 シティユースから、サイクリング、オフロード走行、など。 マウンテンバイクは元々、オフロード用に頑丈な作りをされたものですが、市街地でも、段差や障害物に強い、という理由で、マウンテンバイクを好んで使う人もいます。 日本では、1980年代後半に第1次マウンテンバイクブームが訪れ、その後のアウトドア・ブームとともに、レジャーとしての認知度が高まりました。また、その後、マウンテンバイクでのレースなども開催されるようになり、スポーツとしての認知度も増していきました。 「シティユース」
 市街地では、日常の通勤・通学・買い物などの足として使用します。マウンテンバイクの操作性・性能を生かし、段差や路面のデコボコなどを気にせず走ることができます。 「ツーリング」
 都会を離れ、郊外に出て長距離を走破したり、自然の中の林道などを、自然を満喫しながら長距離ツーリングを楽しみます。  すばらしい自然や景色の中、マウンテンバイクならではの、爽快な走りを体験できます。  初心者の方は、ガイドありのツアーに参加するのもよいでしょう。 「レース・コンペティション」
 小規模の大会から、全日本クラスの大会まで、様々なレベルの大会があり、スポーツとして楽しむことができます。  代表的な競技種目としてはクロスカントリー(1周6km以上の舗装されてない山道や坂道などの標高差のあるコースを周回する事で順位を競う)、ダウンヒル(山岳斜面に作られた下りのシングル・ダブルトラックを走行し、そのタイムによって優劣を競う。最も危険)、デュアルスラローム(2本の旗の間をマウンテンバイクで通り抜け、タイムを競う )などがあります。

カラーは3色。(パールホワイト、ダークブルー、キャンディレッド)RING WOOD 16インチ フォ...


カラーは3色。(パールホワイト、ダークブルー、キャンディレッド)RING WOOD 16インチ フォ...
20,000 円 ( 税込、送料別 )


70年代の古きよきサーフスタイルと現代のセンスをミックスした感覚が新鮮そのスピリットを継承するシリーズです。【仕様】★6段変速付★ボディカラーは3色【仕様】●ホイルサイズ:16インチ●材質:ハイテンスチ...

>>もっと詳しく見る
アフィリエイトブログ作成支援無料ツールGonz-StyleSMAP
【Yahoo!ショッピング】折り畳み自転車が特価! 電動、BMX、MTBも激安

Raychell 26インチ 折畳MTB シマノ18段ギア Wサス MTB2618S グリーン


Raychell 26インチ 折畳MTB シマノ18段ギア Wサス MTB2618S グリーン
11,143 円 ( 税別、送料別 )


      ☆本機の特徴☆■26インチですのでとても乗りやすいです。26インチ18段階変速ですので折りたたみ自転車にありがちな疲れる、遅いということがありません。しかも足にやさしい前後サス付き。完璧なマ...

>>もっと詳しく見る
アフィリエイトブログ作成支援無料ツールGonz-Styleサイクロン掃除機
【Yahoo!ショッピング】折り畳み自転車が特価! 電動、BMX、MTBも激安